1. TOP
  2. ホテル
  3. HOTEL THE MITSUI KYOTO(ホテルザ三井京都)ラグジュアリーコレクションホテル&スパ宿泊記ブログ(二条スイートルーム)!朝食・アフタヌーンティー・記念日に利用したいレストランレビューも🍴

HOTEL THE MITSUI KYOTO(ホテルザ三井京都)ラグジュアリーコレクションホテル&スパ宿泊記ブログ(二条スイートルーム)!朝食・アフタヌーンティー・記念日に利用したいレストランレビューも🍴

ホテル
  644 Views

ご覧いただきありがとうございます(^ ^)

 

この記事では、私が感じた『HOTEL THE MITSUI KYOTOラグジュアリーコレクションホテル&スパ』オススメのポイントと、二条スイートルームについてご紹介します♪

 

三井財閥ゆかりの土地に、三井財閥ゆかりの物へのにこだわり満載の

『HOTEL THE MITSUI KYOTOラグジュアリーコレクションホテル&スパ』が、

2020年11月3日(火)にオープンしました。

 

嬉しいことに、『HOTEL THE MITSUI KYOTOラグジュアリーコレクションホテル&スパ』はマリオットポイントで宿泊できるホテルなので、今回はマリオットアンバサダー会員の主人がポイントで予約

早速オープン日に無料宿泊しました(^o^)

 

さすがアンバサダー会員!アップグレードで『二条スイートルーム』に!

 

おすすめポイント!
  • 歴史を感じる大門
  • スタッフのホスピタリティー
  • ロビーに込められた思い
  • 中庭を中心に広がる世界(宇宙)
  • 客室の素晴らしさ(二条スイート)
  • アートの素晴らしさ
  • 記念日にも利用したいレストラン

 

ホテルに到着した時の第一印象は、全てが本物!という感じでした。

 

スタッフの方から、「ホテル建築の際に一番に準備したのが丸太でした」というお話を伺いました。

木は、切ってから3年は乾燥させないと加工できません。丸太から生まれた一枚板が、案内板、レストランのカウンターや扉、客室内の随所で使われていました。

本物の木の温もりを感じながら、本物と触れ合いながら過ごすホテルライフは最高でした(^o^)

 

ホテルザ三井の顔・歴史を感じる大門

三井家から移築された大門。

『HOTEL THE MITSUI KYOTOラグジュアリーコレクションホテル&スパ』は、その昔、三井家のお屋敷があった場所に再建されました。

そして、下の写真の大門は、三井家が大切に保管していた当時の大門を、当時大門があったまさにその場所に移築したそうです。

今は車寄せですが、当時は馬での移動。この辺りには当時は馬が・・・と、昔の情景を思い描いてみるのも楽しいです(^ ^)

また、大門がホテルの入り口に対して直角になっているのは、奥ゆかしさのあらわれだそうです。

 

大門から玄関、そしてロビーへ

大門を入り直角に曲がると玄関になります。

ロビーは、その先に中庭が見えとても明るく開放的!

ロビーの真ん中には『風』をイメージした岩手県の焼き物のオブジェ。

タイトルの『風』は、出会いと別れを表しているそうです。

人生は一期一会、大切な人をお迎えしおもてなしする茶道の心が伝わってきました。

中庭を眺め、お茶とお干菓子をいただきながらゆったりとチェックイン。

これから始まる非日常にワクワク♪

 

客室(二条スイート)

木の温もりを感じながら客室へ

今日のお部屋は、356号室。表札までも一枚板。

お天気が良く逆光で写真には収めることができませんでしたが、客室の扉を開けると目の前には二条城が・・・

 

リビングルーム

窓からの景色です。

リビングには大きな一枚板のテーブルと大きなソファー。本物の木の重厚感と温もりを感じます。

窓際の椅子に座ってゆったりとお茶をいただいたり読書したりもいいですね。

私は夕焼けを楽しみました。

空が夕焼けに変わっていく様子をまったりと眺めて楽しめるのも旅行中ならではの楽しみです。

ソファー上の壁掛けの木もお洒落

客室の入り口から見て、ソファーセットの手前のテーブルには、ウエルカムスイーツセット♪

お煎茶のお手前は私流で楽しみました(^.^)

京都らしいスイーツが嬉しいです

二条城を眺めながらリビングテーブルでいただきました。

 

ミニバー

ミニバーは客室の入り口、リビングルームに入ってすぐの所にあります。

 

グラスやカップは引き出しにありました。

ティーパック・コーヒーカセット以外のお菓子やアルコールは有料です。

有料ですが、冷蔵庫にも魅力的なものが色々ありました。

有料のメニューです。(見にくくてすみません^^;)

ターンダウンサービス時に、氷を置いてくださりカクテルグラスが立ててありました。

格好良くカクテルを作れると素敵ですね🍸

 

ベッドルーム

続いては、ベッドルームへ

ベッドルームの前も二条城。さすが二条スイート(^ ^)

こちらのテーブルも一枚板です。

二条城を眺めながら、墨を擦って筆で文をしたためる・・・

一筆箋や便箋、絵葉書もありました。これは一筆書かねば・・・

ベッド上の壁には、中庭をイメージした赤松・黒松がさり気なく描かれています。

ベッドの横にも立派な木の飾り棚がありました。

 

バスルーム

続いてバスルームへ

バスルームはベッドルームの飾り棚の奥にあります。

洗面台に行くまでに、化粧台とクローゼットがあります。

この配置はとても使い勝手が良かったです。

スイートルームなので、洗面器は2台あります。

洗面器の真ん中の入れ物にアメニティーが入っていました。

バスローブの肌触りが最高でした!

ゆったりと足を伸ばすことができる広々とした浴槽です。

 

 

レストラン『都季』(とき)ご紹介

ガストロノミー鉄板料理のレストランと位置づけされている『都季』。

ガストロノミーは美食学(=食事・料理と文化の関係を考察していく学問)という意味だそうです。

ガストロノミーの名の下、フランス料理と日本料理それぞれの食材・調理法を融合したようなシェフのこだわりと日本の豊かさを感じることができるレストランでした。

 

レストラン内装

レストランの扉も立派な一枚板!

天井、壁、内装も見所満載です。

カウンターの後ろの壁は、反物を一枚一枚繋げたもの。ホテルの随所に三井家の原点を感じます。

カウンター席に案内していただきました。

カウンター席からは中庭の景観も楽しめます(^ ^)

 

ランチメニュー🍽

ランチの場合、

お弁当

松花堂弁当・椀物・デザート(7,000円 税・サ別)

プリフィックスコース

4品コース(8,000円 税・サ別)

アミューズブーシュ・前菜・メイン・デザート

5品コース(12,000円 税・サ別)

アミューズブーシュ・冷前菜・温前菜・メイン・デザート

6品コース(16,000円 税・サ別)

アミューズブーシュ・冷前菜・温前菜・魚料理・メイン・デザート

 

ディナーメニュー🍽

6品コース 傳(でん)(18,500円 税・サ別)

伝助穴子の八幡巻・蟹のドーム・きのこの籠甲餡・国産黒毛和牛・桧のブランマンジェ・洋梨と日本酒

 

8品コース 庭屋一如(ていおくいちにょ)(22,000円 税・サ別)

伝助穴子の八幡巻・スモークサーモン・美食家のコロッケ・きのこの籠甲餡・真鯛の蕪蒸し・国産黒毛和牛・桧のブランマンジェ・丹波栗の風

 

9品コース 都季(とき)(26,000円 税・サ別)

クロックムッシュ・蟹のドーム・鴨胸肉のアピシウス風・鴨脚肉のコンフィ・オマール海老 海藻蒸し焼き・オマール海老コンソメ・国産黒毛和牛・桧のブラマンジュ・カカオの落ち葉

 

プリフィックスの4品コース

今回はプリフィックスの4品コース(8,000円 税・サ別)をいただきました🍽

 

まずはオススメのシャンパン(コースには含まれていません)🍾🥂

『都季』のお料理は日替わりの和洋折衷。

私と主人がいただいたお料理です。

どのお料理も数種類の中から選択できるので、2種類ずつの写真です。

 

アミューズブーシェ

 

前菜

 

メイン

デザート

メインを食べ終わると、

「デザートは窓際の席でいかがですか?」

と、中庭の景色がより楽しめる窓際席へ案内してくださいました。

 

今回の宿泊は結婚記念日の記念旅行だったのですが、宿泊予約時にコメント欄に記載しただけで、レストラン予約時には何も伝えなかったのですが・・・

記念日プレートが登場\(^o^)/

コーヒーの器も素敵♪

ご馳走様でした🙏

 

個室

『都季』には、個室もあります。

ご家族や大切な方とのプライベートなシーンでも利用しやすいですね(^ ^)

 

 

バー&ラウンジ『THE GARDEN BAR』ご紹介

夜は、夜景に変わった中庭を眺めながら乾杯🥂

今回は窓際席に座りましたが、履物を脱いで足を伸ばして座るまったり席もあります。

居眠りにご注意の席です(^ ^)

オリジナルメニューは・・・

 

私は、「ゴッド サムライ🍸」をいただきました(^ ^)

フィッシュ&チップスとピザも注文しました!

 

朝食🍴

マリオットのプラチナ会員以上(プラチナ会員・チタン会員・アンバサダー会員)は、2名分の朝食が無料になる特典付!

朝食会場は、イタリア料理の『FORNI』です。

このレストランのカウンター席も見事な一枚板でした。

 

朝食メニューです。

アメリカンブレックファースト・コンチネンタルブレックファースト・和朝食・ヘルシーブレックファーストの他、アラカルトのメニューもあります。

まずはコーヒー・紅茶から☕️

ジャムは3種類

スムージーがとっても美味しかったです♪

薪窯で焼いた焼きたてのクロワッサンは和食をセレクトしても持ってきてくださいます🥐

このサービスはとっても嬉しかったです(^ ^)

私は和朝食をいただきました🥢

お粥を選びました。

塩・胡椒の容器もお洒落

 

アクティビティー(エクスペリエンス)

アクティビティーはたくさんあります。

今回は無料のアクティビティーを2つ体験しました。

 

  • アンバサダーと巡るアートツアー(約45分・無料)
  • ウェルネス呼吸法で迎える爽やかな朝(約40分・無料)
  • 午後のお楽しみ〜お抹茶のふるまい(約15分・無料)
  • 茶人ご贔屓の名店で和菓子作りを楽しむ(約90分・1人4,000円 2名〜)
  • めざせ!みらいのほてるまん(約40分・1人2,000円 キッズプログラム)
  • 重要文化財・旧三井家下鴨別邸で楽しむアフタヌーンティー(約90分・1人12,000円 2名〜)
  • 「日本の美しさと」体感ツアー(約150分・有料2名〜)
  • 舞妓と楽しむ至福のひととき(約90分・有料2名〜)
  • 紅葉の名所として親しまれる名刹・真如堂で座禅体験(約60分・1人8,000円 2名〜)
  • 世界遺産・二条城 プレイベートツアー(コロナ禍のため実施を見合わせ中)
  • 京都まちなかWalking Tour(約90分・1人4,000円 2名〜)

 

午後のお楽しみ〜お抹茶のふるまい(約15分・無料)

ロビー横のお茶席

ここで、武者小路千家のお点前をしてくださいます。

日本の伝統に触れることができる貴重な時間でした。

 

アンバサダーと巡るアートツアー(約45分・無料)

大門やロビーのオブジェ、館内、中庭などの説明を聞きながらホテル内を巡ると、新たな発見が続出!

三井家を知る楽しい時間でした。

タイトル「風」のオブジェ。

人の出会いは風の如く・・・深いです。

反物をイメージしたロビーの天井。

ロビー横の図書スペース📖

三井家の歴史も学べます。

伏見稲荷をモデルにした廊下。

「四季の間」の玄関近くの12四季ごとに生け替えられる壺生けからもおもてなしの心が伝わってきます。

運が良ければ入れる「四季の間」。

お祝いの機会に使いたくなりました!

ホテルで一番高価な物がこの襖だとか・・・

四季折々の襖絵が見事です!

天井も素敵です。

中庭に面した廊下には、天井にも床にも仕掛けがあるとか・・・

4本脚の灯篭はとても珍しいとか。そう言えば普通は3本脚ですね。三脚に代表されるように、3本脚は一番安定するそうです。4本脚になると少しのズレでも安定しないので、4本脚の灯篭は職人技!

 

アフタヌーンティー🍰

アフタヌーンティーは、イタリア料理の『FORNI』でいただきます(^ ^)

アフタヌーンティーの内容は同じですが、飲み物のかかでお値段が少し違います。

 

紅茶2杯付・・4,800円(税・サ別)

紅茶フリーフロー・・プラス500円の5,300円(税・サ別)

 

オススメの紅茶のモクテルと最初にいただいた玉露が美味しすぎたので、迷わずフリーフローにしました!

 

まずは玉露をいただきます🍵

この玉露が本当に美味しかったです🍵

アフタヌーンティーのメニューです。

飲み物のメニューです☕️

メニュー右下のモクテル2種を3杯ずつはいただいたと思います^^;

モクテルの「アールグレイダイキリ」と「ダージリンロイヤル」です🍸

オススメです!

 

セイボリー

 

スイーツは筒の中から登場!演出も素敵♪

 

松ぼっくりの一枚一枚はラングドシャでできていました。

お皿に盛り付けて見ました(^ ^)

 

ん〜幸せ〜

ご馳走様でした🙏

 

あとがき

最後までご覧いただきありがとうございます!

『HOTEL THE MITSUI KYOTO』最高のホテルでした!

冒頭でも書きましたが、館内のすべてから、本物の温かさ、おもてなしの心が伝わってきて、思う存分非日常の時間を楽しむことができました。

写真はNGなので紹介できませんでしたが、『サーマルスプリング SPA』も最高でした。

『サーマルスプリング SPA』は水着を着用して湯に浸かるスタイルの温泉で、心身ともにリフレッシュできる空間でした。

今回は利用しませんでしたが、100㎡超のプライベート空間があり、ルームサービスも利用できるプライベート温泉(60分・15,000円 税・サ別)もありますので、プライベート温泉タイムも楽しめるようです。

館内はもちろん最高でしたが、二条城前の立地から近隣での楽しみ方も色々あります。

コンプリートするにはまだまだ時間がかかりそうです(^ ^)

 

冒頭に少しご紹介したSPGアメックスカードとマリオット会員については、下記のブログにお得な申し込み方法とカードの特典を書きました。よろしければご覧ください😊

\ SNSでシェアしよう! /

ママが無料で海外旅行の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ママが無料で海外旅行の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

masumin

masumin

当サイトをご覧いただきありがとうございます!
masuminです。
1年前まで現金主義だった私が一転。SPGアメックスカードとの出会いで格安で旅行を楽しめるようになりました。体験記をどんどんアップしていきます。よろしくお願いします。

関連記事

  • JWマリオット奈良エグゼクティブスイートルーム宿泊記ブログ

  • 琵琶湖マリオットホテル(旧ラフォーレ琵琶湖)宿泊記ブログ!ポイントでの大人3人宿泊は超お得♫

  • ウェスティンホテル大阪プレジデンシャルスイート・オリエンタルルーム宿泊記ブログ!中国料理レストラン『故宮』の飲茶ランチもいただきました!

  • メズム東京・ブログ宿泊記!アクセス・最新クラブラウンジ・アフタヌーンティーご紹介!

  • Wホテル大阪マーベラススイートルーム宿泊記ブログ・朝食🍴レストランのアフタヌーンティー&鉄板焼き&お鮨&インルームダイニングもご紹介!

  • 南紀白浜マリオットホテルジュニアスイートルーム宿泊記ブログ